村上 大学でもラグビーを続けるつもりだたのですか。

青山 東大を目標に掲げたとき、モチベーションの上げる重要なものの一つに関東大学対抗戦でラグビーをするということがありました。そればかり考えて勉強していた気がします。だから、東大に行って何をしたかったのかと問われると、「ラグビー」ということになるんです(笑)。

村上 当時の関東大学対抗戦グループは、A、Bに分かれていなかったですからね。

青山 早稲田、明治、慶應と試合ができる。力試しができるのです。ラグビーは高校3年の春で辞めてしまったので、不完全燃焼でした。だから、自分がどこまでやれるか、力を試したいと思っていました。大学時代は4年生でキャプテンを務めました。3年生のときは、なかなか勝てなかったので、4年生の時はみんなで工夫して練習し、戦いました。東大は9試合あったのですが、成蹊、立教、成城、一ツ橋には勝つことができて、4勝5敗の戦績でした。早稲田、明治、慶應といった上位校には勝てませんでしたが、ラグビーにはなっていたと思います。

村上 東大は体格も大きくないし、高校日本代表のようなキャリアのある選手もいないと思うのですが、その中でどう工夫して勝つのですか。

青山 他大学のOBの皆さんから言われるのは「東大はタックルが厳しいね」ということです。「タックルの東大」なんて言われますが、悪く言えば、タックルしかできない、ということでもある(笑)。センスの良いラグビーはできませんが、タックルは練習すればできるようになります。それが伝統的に染みついていますし、大切にしている部分です。「秘伝のタレ」のように伝わる練習はないのですが、その時々で創意工夫します。我々の時は、OBの皆さんに「タックルができない」と厳しく言われ、悔しくて「タックルを極めます」と宣言しました。だから、どうすれば極められるか考えました。低い姿勢を取るために、どういう走り方をすれば良いのか、その走り方を実現するためにどんなトレーニングが必要なのか、情報を集めて練習しました。

村上 進学校はタックルが良いというイメージがあります。なぜなのでしょう。

青山 努力すれば上手くなるからでしょう。たぶん勉強も同じです。努力すれば成長することを知れば、どんどん勉強するようになる。進学校の生徒たちにすれば、タックルは成長を味わえるということなのかもしれないです。アタック(攻撃)は天性の部分がありますからね。

村上 東大のラグビー部員は、こつこつ積み上げて練習することには優れているということですね。

青山 なかには天才肌で合格する学生もいますが、ほとんどは真面目に勉強してきた学生です。努力することの成果をよく知っています。ラグビーについても真面目に努力します。外部からコーチを招くこともあるのですが、「東大生は理解が早く、理解に基づいて努力する面で特性がある」という言われ方をしますね。

村上 いま部員は50名とのことですが、経験者は多いのですか。

青山 3分の2くらいが経験者です。大学から始める選手もいます。高校までは書道をしていたとか、ブラスバンドでしたとか(笑)。「書道五段です」と言って入ってきた学生が、4年で立派な体になって、しっかりタックルしています(笑)。

村上 ラグビースクールの経験者はいますか。

青山 ラグビー経験者の半数以上はラグビースクールの経験者ですね。ラグビー歴は長く、基礎ができていますから、そういう学生は体を作れば良い選手になりますよ。

*この続き(その3)は、8月9日に更新します。

《プロフィール》
平成 元年(1989) 4月 三菱重工業株式会社 入社
鉄鋼事業部 横浜製作所 鉄鋼プラント部 プラント設計課 に勤務
平成 2年(1990) 3月 三菱重工業株式会社 退職
平成 2年(1990) 4月 東京大学 工学部 船舶工学科 助手 に採用,着任
平成 7年(1995) 11月 東京大学 工学部 船舶海洋工学科 専任講師
平成 9年(1997) 6月 東京大学大学院 工学系研究科 船舶海洋工学専攻 助教授
平成10年(1998) 3月~平成11年(1999) 1月 米国ミシガン州 ミシガン大学 客員研究員
平成19年(2007) 6月 東京大学大学院 工学系研究科 教授(環境海洋工学専攻)
平成20年(2008) 4月 東京大学大学院 工学系研究科 教授(システム創成学専攻)
平成31年(2019) 4月 東京大学大学院 工学系研究科 教授(人工物工学研究センター)
現在に至る
平成16年(2004) 4月 東京大学運動会 ラグビー部 部長

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club