村上 大学卒業後、三菱地所に入社された経緯を教えてください。

岩田 大学院へ行く予定だったのですが、三菱地所に入社した2年上の先輩が、私の父親宛にぜひ息子さんを地所に入れてくださいという手紙を書いてくれたんです。とても立派な手紙だったらしく、父に、こんな立派な先輩がいるなら行きなさいと言われました。

村上 入社後は仕事と並行して、会社のラグビー部にも入部されたそうですね。

岩田 そうです。未経験者が多かったので、FWの基本プレーからみんなで一緒にやりました。その時のメンバーの多くが今の役員になっています。ラグビーは仕事の余暇にやっていたのですが、関東社会人リーグの3部、2部と上がって行くと、会社もメンバーを揃えてくれて、経験者が多くなりました。

村上 ラグビーが仕事に生きた面はありましたか。

岩田 ラグビーをやっていて良かったと思うことは、たくさんありました。当社の持つビルのテナントさんへの営業をしている時期があったのですが、私の最初の担当が新日鉄さんで、そこに行くと「君、ラグビーをやっていたのなら、うちに宮井っていうのがいるんだよ」と、元日本代表の名ウイングだった宮井国夫さんを呼んできてくださいました。日立さんに行くと、当時、日本リーグで活躍されたサッカーの選手がたくさんいて、一緒に食事に連れて行っていただきました。スポーツをしていたということで共感できるところが多いということもあるでしょうし、社会で生きていくための基本的なことは、そうしたところで教えてもらいましたね。

村上 リーダーとして役立ったことはありますか。

岩田 いろんなマネージメントのスタイルがあると思います。組織の大きさ、人数、やっていることのレベル感によって違いますよね。私も若い頃は、キャプテンだったこともあった自分が先頭に立って引っ張っていくスタイルでした。ただ、いろいろとやっていくうちに違うやり方もあることが分かってきた。債務超過に陥った会社を立て直す仕事で、ホテルの社長を務めたことがあります。受け入れる側は会社を潰しに来たと思ったようです。そんなつもりは毛頭ない、私は助けに来たんだと話しました。最初は先頭に立って引っ張って行くつもりだったのですが、私はホテルの仕事は分からないし、誰かにやってもらわないとできません。このあたりで考え方が変わりました。個性を大切にしてチームを作るのがラグビーですから、そういう目配りができるようになったのも、ラグビーのおかげだと思っています。あらゆる局面でラグビーというのは、そういうことを教えてくれるスポーツだと思いますね。

村上 RWCだけではなく、こどもラグビーワールドフェスティバルのスポンサーにもなられましたね。

岩田 一緒に仕事をしている神鋼不動産の方から、林敏之さんを紹介していただきました。「壊し屋」と言われた元日本代表の名ロックですが、気さくな方で、お話を聞いて感銘を受けました。子供たちのラグビー環境を整えることにも尽力されています。底辺で地道に活動する人をサポートするというのは、人づくり、街づくりといった当社の仕事に通じるものもあります。

      *この続き(その3)は、5月24日(金)に更新します

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club