同志社大学校友会が運営する校祖新島襄の居宅に隣接する新島会館のロビーに掲げら
れる絵画。
1985年の同志社対慶応のラグビーの試合を描いた絵画「熱闘」は独立美術協会会員の
額田晃氏作になる。
この試合は大学選手権の決勝であり、平尾誠二率いる同志社と天王寺高校から京大に
入学を決めながら慶応でラグビーをするために一浪して慶応に入学した松永敏宏キャ
プテンの慶応が激突したラグビー史に残る試合となった。試合終了間際の逆転トライ
が松永のパスをスローフォワードと判定、同志社の三連覇が決まった。スローフォ
ワードだったかどうか、今だに語り継がれる。
この試合の3年前、同じく大学選手権の準決勝同志社対明治で反則を取られ同志社の
選手が退場となり、同志社は敗れた。その時の同志社のキャプテン林敏之がNPOヒー
ローズの会長、副会長が松永敏宏と言うのは、負けの中の負けを知る二人の結びつき
に何かを感じる事ができる。
その二人が大会会長と実行委員長を務める「ヒーローズカップ」は小学高学年のラグ
ビー大会で、全国で予選が繰り広げられラグビー日本一を決める。負けの価値を知る
二人が運営する大会は日本一のチームを決めるだけではなく、それ以外の負けチーム
を作り、負けから学ぶ経験を作る事を目的とした大会を目指している。慶応の小泉信
三氏の言葉「グッドルーザー」作りをテーマにしている。
その「ヒーローズカップ」も、いよいよ決勝大会を迎える。地区大会を勝ち上がって
来た16チームによる決勝の会場はラグビーワールドカップ決勝戦が行われる横浜市、
日産スタジアムとなる。

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club