村上 このコーナーでは、ラグビーを経験したことによって、その後の人生を豊かにした方々にお話を聞いています。今回のゲストは、森一憲さんです。森さんは、成蹊大学ラグビー部の出身で、現在は株式会社ニュートーキョーの代表取締役を務めていらっしゃいます。まずはラグビーとの出会いから聞かせてください。

森 小学校5年生のときでした。成蹊の小学校に通っていたのですが、週に一度、クラブ活動というか、特別学習のような時間がありました。運動、音楽とさまざまな部活があって、その中で私はラグビーを選びました。動機は単純で、友達に誘われた。それだけの理由です。

村上 実際にプレーし始めて、いかがでしたか。

森 最初は、あまり面白くなかったです(笑)。練習でぶつかったりすることが、練習のための練習に感じて、試合でトライまでボールを運ぶためにやっているのだということが、よく分からなかったのです。それが初めて練習試合でトライをし、自分が参加したプレーがトライにつながったりすると、だんだん面白くなりました。その後も年を重ねるごとに面白くなっていきましたね。ポジションはずっとフランカーです。

村上 ラグビーの競技性の面白さは、どういったところに感じましたか。

森 自分を犠牲にしても友達にトライをしてほしいという気持ちが必要ですよね。わがままではできないスポーツです。

村上 そういった面が、子供の頃から好きだったのですか。

森 子供の頃というより、高校、大学と学年が上がるにつれて、そういう思いが強くなりましたね。

村上 勉強との両立はどのようにしていたのですか。

森 友達にあまり聞かれたくありませんが、ラグビー部の中ではまあまあ良い成績だったかな(笑)。将来のことはまだまったく考えていなくて、ラグビーがある生活がとても楽しかったです。

村上 成蹊高校のラグビーは全国大会に出場したこともある強豪ですが、森さんの頃はどうだったのですか。

森 僕は高校2年生の時、初めてレギュラーになったのですが、その年の全国大会の東京都予選でベスト4まで行きました。最後は本郷高校に40点くらい取られて負けました。結局、高校で花園に行くことができませんでしたが、そこを目指して頑張った3年間でした。

村上 成蹊高校は伝統もあり、他校との定期戦もあるのでしょうね。

森 神戸の甲南高校との定期戦がありました。一年に一度、お互いに行ったり来たりします。我々が神戸に行ったときは甲南の選手の家に泊まります。これは大学までずっと続いて、大学の時は一緒に飲みに行ったりしました。いまも交流のる仲間が多いです。

*次回は、11月30日金曜日に(その2)を更新します。

《森 一憲 様 プロフィール》
株式会社ニユートーキヨー 代表取締役社長
1968年、東京都生まれ。成蹊大学卒業後、三菱地所株式会社を経て、株式会社ニユートーキヨー入社。入社後は、ニユートーキヨーのノスタルジックな従来の伝統的なビヤホールを継承しつつ、新しい業態(「御影蔵(みかげくら)」「綴(つづり)」「五香路(ウーシャンルー)」等)の開発をてがける。創業家3代目社長。歴代社長としては7代目。
趣味は、ラグビー、マラソン。

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club