三菱地所株式会社は、「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会(以下、「ラグビーワールドカップ2019」)のオフィシャルスポンサーとして、大会開催都市の一つである熊本県におけるラグビーの普及を支援するため、 1,000個のラグビーボールを熊本県の小学校に寄贈します。寄贈にあたり、 2018年10月9日に熊本県庁にて贈呈式を執り行い、また、翌日10日に益城町飯野小学校にて当社社員によるラグビー体験イベント等を地元小学生と行いましたのでお知らせいたします。尚、ラグビーボールは県内全ての小学校に、順次、寄贈します。

日本全国12カ所で開催されるラグビーワールドカップ2019では、これを契機にラグビーがより地域に根付き、大会を通じて地域社会が発展することが望まれています。三菱地所は、この理念に共感し、ラグビーの普及活動を通じて、大会の機運醸成を図るだけでなく、社会貢献及び地域創生の一助となるべく、今回の取り組みを推進してまいります。

三菱地所は、今後も、大会開催都市におけるラグビーの普及を目的としたラグビーボールの寄贈を計画しており、次回は、福岡県への寄贈を11月中旬に予定しています。

■寄贈の詳細
<熊本県庁での贈呈>
日 時:2018年10月9日(火)
場 所:熊本県庁
受贈者:熊本県 教育長 宮尾 千加子
寄贈者:三菱地所株式会社 取締役会長 杉山 博孝
贈呈品:ラグビーワールドカップ2019当社名ロゴ入りラグビーボール1,000個
※小学校の教育科目となっているタグラグビーに使用できる4号球サイズ

飯野小学校でのラグビー体験交流会の様子