釜石シーウェイブスのウェイト練習場の前で肩を組む釜石シーウェイブス所属の村尾
真秀選手と六甲クラブ総監督の東田哲也さん。
村尾選手は7歳までニューヨークで育ち、筑波秀英高校、天理大学から今年、釜石
シーウェイブスに所属しました。
オーストラリア、クィーンズランド留学もあり六甲クラブを経て、今は釜石市役所で
働きながらラグビーに取り組んでいますが、元々は柔道選手でした。
その村尾選手の弟の村尾三四郎君が昨日行われた全国高校総合体育大会(インターハ
イ)柔道競技の個人戦・男子90kg級に出場し、優勝しました。村尾選手は昨年のこの
大会でも優勝しており、二連覇達成です。
真秀選手がラグビーセブンスで、三四郎選手が柔道で、兄弟そろっての東京オリン
ピック出場、期待してしまいます。
ラグビー、柔道、頑張れー。

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club