村上 ラグビーの元日本代表の小野澤宏時さんの活動もサポートされているようですね。

中嶋 息子の紹介で始まったことです。小野澤さんは、「オノタケ式ボールゲーム」という楕円球を使った新しいゲームを考案されて、普及活動をしています。何かお手伝いはできないかということで、グラウンドを作る土地探しなどしているうちに、町田市の市会議員の方とつながり、町田市の教育委員会にオノタケ式を紹介し、町田市の全小学校の授業でオノタケ式をするようになりました。

村上 オノタケ式というのは、タグラグビーとは違うのですね。

中嶋 タグラグビーはラグビーのようなものですが、オノタケ式は、四隅がゴールになっていて、パススキル、スペース感覚、チームワークを養成するものです。途中でホイッスルは鳴らず、ノックオン、スローフォワード、オフサイド、なんでもあり。反則がないので、子供たちはすごく集中して走り回ります。また、自分で考える力も身に着くので、すべてのスポーツに通じます。私もいろいろなスポーツを見てきましたが、これまでにない広がりを見せるものだと思います。いま教科書を作っていますが、それができれば全国に普及できるでしょう。

村上 ラグビーの縁が続いていますね。

中嶋 実は私の孫があるラグビースクールで、指導員にこっぴどく叱られた。叱られるのが嫌いな子供なので、「二度とラグビーはやらない!」と言っています。それを見て、こんな子供を作ってはいけない。叱られないオノタケ式を広めたいと思いました。あるラグビースクールでオノタケ式をやっているのを親御さんたちと見ていたら、子供がこんなに楽しそうに走っているのを見るのは初めてだと言っていました。それほど素晴らしいものなんです。もう一つは、オノタケ式が全国に広がったら、それを教える体育の先生として、ラグビー選手のセカンドキャリアにもなると思うのです。

村上 興味深いお話をありがとうございました。2019年9月~11月、日本でラグビーワールドカップが開催されます。中嶋さんも観戦されますか。

中嶋 決勝戦のチケットをゲットしましたから、めちゃくちゃ楽しみにしています。自分の人生の半分をかけたラグビー、命尽きるまで子供たちや普及のためにお手伝いしていきたいと思っております。

《経歴》
昭和43年 甲南大学卒業
滝本株式会社入社
内田洋行専務 PLUS常務 プレステージインターナショナル特別顧問 歴任
現在
株式会社サクセス サポート21 代表取締役社長
環太平洋大学 客員教授
六甲クラブOB会長

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club
#ラグビー#ラグビースクール#オーバルロード村上晃一の夢インタビュー#大西将太郎のShoTime#エーキッズニュース#スクール紹介#内田洋行#元専務取締役#中島光正#甲南大学#PLUS#Biznet#ビズネット#プレステージインターナショナル#特別顧問#コンサル企業#株式会社サクセス・サポート21#代表取締役社長#増田屋コーポレーション#PFC#テリンク#スタンダード・スタジアム#環太平洋大学#客員教授#六甲クラブ#チャーターメンバー#OB会長#経済同友会#全日本実業団対抗ゴルフ選手権#キャプテン#akids.club/#オーバルロード#村上晃一#夢インタビュー#ゲスト