村上 ラグビーは何歳までプレーされたのですか。

中嶋 44歳で東京に転勤になり、六甲クラブ以外のジャージは着ることができないと思って引退しました。送別会は、兵庫県のクラブ選抜と六甲クラブの試合で、雨の中「お前がトライするまで終わらない」と言われましてね。楽しい時代でした。

村上 ラグビーが仕事に生きたエピソードはありますか。

中嶋 神戸営業所にいたとき、営業職の全員が旧労働組合のメンバーで、言うことをきかなかった。ラグビーをしていなかったら、めげていたでしょう。負けられないというスピリットが沸いてきた。亀高さんのおかげもあって、売り上げは3倍になりました。

村上 ラグビーと仕事の共通点は何だと思いますか。

中嶋 チームで何かをするというのは、まさに営業です。ボールをゴールラインの向こうに置くことと、大型受注をとるのは同じです。その間にいろんな人がボールをつなぐわけです。その人を探すのが私の仕事でした。その会社がしてほしいことを、先に私がしてあげると、お礼に注文がくる。そんな仕掛けを作りました。リーダーが方針をまとめ、みんなで仕事を組み立てていく。まさにラグビーと同じでした。ラグビーをすると、捨て身でやるとチームがまとまるということもわかります。私が良いタックルで相手を倒せば、みんな褒めてくれて、チームがまとまる。仕事も同じです。

村上 今も六甲クラブにはかかわっていらっしゃるのですね。

中嶋 OB会長をしております。運営のための寄付集めをしていますが、OBの皆さんに言っているのは、お金を出しても口は出すな、ということです。

村上 現在は、環太平洋大学でも仕事をされているようですが、どんなお仕事なのですか。

中嶋 年に数回、経営学部の学生に授業で話をします。人生経験を話し、今後の世の中を予測して、こういう学生が求められているということを話します。そのほか、大学の仕組みの改善点を提案し、高校から生徒を受け入れ、学生を就職させる仕事の統括をしています。

*この続き(その4)は、7月27日(金)に更新します。

《経歴》
昭和43年 甲南大学卒業
滝本株式会社入社
内田洋行専務 PLUS常務 プレステージインターナショナル特別顧問 歴任
現在
株式会社サクセス サポート21 代表取締役社長
環太平洋大学 客員教授
六甲クラブOB会長

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club
#ラグビー#ラグビースクール#オーバルロード村上晃一の夢インタビュー#大西将太郎のShoTime#エーキッズニュース#スクール紹介#内田洋行#元専務取締役#中島光正#甲南大学#PLUS#Biznet#ビズネット#プレステージインターナショナル#特別顧問#コンサル企業#株式会社サクセス・サポート21#代表取締役社長#増田屋コーポレーション#PFC#テリンク#スタンダード・スタジアム#環太平洋大学#客員教授#六甲クラブ#チャーターメンバー#OB会長#経済同友会#全日本実業団対抗ゴルフ選手権#キャプテン#akids.club/#オーバルロード#村上晃一#夢インタビュー#ゲスト