村上
京大では一年生からレギュラーのナンバーエイト(NO8)でプレーされたそうですね。

金治
高校時代はバックスのフルバックでした。バックスのほうがカッコいいとも思っていました。ところが、同じ学年に大阪の北野高校のキャプテンで高校日本代表でもあった選手が入ってきた。当時、大阪の公立高校はラグビーが強くて、北野高校からは3年連続でキャプテンが京大に進学していた。みんなバックスです。だから、僕はフォワードに行け、と言われたわけです(笑)。気が進まなかったのですが、やってみるとNO8が面白くて、一年生の途中からレギュラーになりました。

村上
プレースキッカーもされていたそうですね。

金治
2年生からですね。精度は低いけど、距離は出ましたから、遠い距離のキックだけ任されていました。ラインアウトではジャンパーもしていました。なんでもやるから、相手チームから、「よろずや きんのすけ」と呼ばれることもありました(笑)。

村上
それ、今の子供たちにはわかりません(笑)。なんでもやるから「よろずや」。名前にひっかけているわけですね。※萬屋錦之介(テレビドラマでも活躍した有名な歌舞伎役者)

村上
大学時代、印象的な思い出はありますか。

金治
2年生の頃なのですが、京都の西京極で試合をしたときのことです。サッカーのペナルティーエリアのラインが残っていましてね。ゴール前でスクラムを押していて、方向感覚がわからなくなって、サッカーの縦のラインにボールを置いて「トライ!」と叫んでしまった。それで、みんなの動きが止まったことがありました(笑)。でも、その試合で自陣に30mくらい入ったところから独走して逆転トライもしました。いろんな意味でよく覚えています。もう一つ、これは私の記憶が正しければ、という話ですが、同志社大学に平尾誠二さんが入学したころ、当然、彼が個人得点記録で1位になったのですが、そのとき、私が2位だったのです。

村上
それはすごい。自慢できますね(笑)。そのままラグビーを続けようとは考えなかったのですか。

金治
企業のチームから誘っていただきましたが、仕事で海外に行きたいという希望がありましたので、本格的なラグビーはやめることにしました。商社のラグビーチームが集うリーグがあり、そこでは続けました。

村上
住友商事に入社された後、ラグビーをしていたことが役に立ったことはありましたか。

金治
就職に有利に働いたことは間違いないですね。当時は体育会系の人は希望の会社に就職できていました。仕事上でも、ラグビーの経験が生きたことは多いです。体力的にハードなことも多いし、仕事とラグビーは似ているところがあります。サウジアラビアに駐在しているときには、現地のクラブチームでプレーしたのですが、イギリス人がほとんどで、アジア人は私だけ。キャプテンは外交官で、銀行員ほかさまざまな職業の人たちと交流することができました。イギリスの軍艦が入港してきたときには、彼らと試合をしたこともあります。いろんな考えを持つ人たちの意見が聞けたことも大きかったです。

金治伸隆  
株式会社ティーガイア 代表取締役社長。1983年京都大学法学部卒業後、住友商事株式会社入社。 中東・アジア向け自動車輸出担当後、主に国内外の情報産業分野の事業開発を担当。 その間、サウジアラビア ジェッダでの自動車販売店勤務、米国ベンチャー投資会社社長などを歴任。2014年に携帯電話販売最大手の株式会社ティーガイア入社後、コーポレート戦略本部長、スマートライフ事業本部長を経て、2017年同社社長に就任。現在に至る。ラグビー歴は神戸高校、京都大学、住友商事、ジェッダRFC。

*次回は、5月18日金曜日に更新します。

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。
https://www.facebook.com/akids.rugby
https://instagram.com/akids.club
#ラグビー#rugby#ラグビースクール#akids#ワールドカップ#エーキッズ#ラグビーチーム#ミニラグビー#キッズラグビー#ミルキーラグビー#キンダーラグビー#ラグビーフェスティバル#ラグビーイベント#同志社香里#慶応#蔵王グランドスキースクール