村上 就職先としてサントリーを選んだ理由を聞かせてください。

土田 スーツを着て仕事がしたかったのです。昭和60年あたりの社会人ラグビーは、工場、グラウンド、寮が近くにあるチームが多かった。サントリーはスーツを着て営業をして、一人暮らしもOKでした。ただし、サントリーはまだ全国大会にも出たことがなかったので、ラグビーよりも仕事優先でサントリーを選びました。

村上 ラグビーをしていたことが仕事に生きたのはどんなことですか。

土田 サントリーで現役選手の頃は、朝9時から5時半まで仕事をし、午後7時半から練習していました。現役を引退して監督になっても、まったく同じでした。監督就任と同時に会社では課長になりました。会社では部下が7、8人。グラウンドに行くと選手が40名くらいにコーチ陣もいる。でも、マネージメントは同じです。会社の部署でも一人ずつ丁寧に接することが必要だし、ラグビーも良いチームを作るためには、各部員、コーチとコミュニケーションをとらなくてはいけない。仕事もラグビーもターゲットを決めて、それをどうやって目指すかを考える部分はまったく同じです。ラグビーで経験したことを仕事で生かし、仕事で経験したことをラグビーに生かすのです。

村上 以前、お話を伺ったとき、腐ったリンゴを出さないようにしているという話をされていて、印象に残っています。

土田 仕事もラグビーも全員がトップにはなれません。たとえば、トップが2人いて、中間層が3人いて、まだそこまでたどり着けない若手社員がいたとします。その若手をどう上げていくか。ラグビーも同じで、同じポジションに3選手がいた場合、1人目はレギュラー、2人目は控え選手、3人目はなかなか試合に出られない。心の中では「俺は実力があるのに出してくれない」と思っているかもしれない。いかに腐らせないようにするかが監督の仕事だと思います。たとえば、試合が日曜日でメンバーを木曜日に発表するとします。そんな時は必ず、メンバー発表前にメンバー外の選手に、なぜ出られなかったかを説明するようにしていました。仕事も同じで、なぜその社員の仕事が上手くいっていないのかを伝えます。何が足りないのかが明確になれば頑張ることができる。社員が多いと全員に声をかけるのは難しくなりますが、できるだけ現場に行って、現場を知ることを大事にしています。

村上 会社のリーダーとして、ラグビーでのキャプテン経験が生きている部分はありますか。

土田 ラグビーというスポーツは、100mを11秒台で走る選手もいれば、20秒かかる選手もいる。でも、その20秒の選手は力持ちで、ボールの奪い合いには強い。いろんなタイプの選手がいる競技で、それがラグビーの良さです。小さな選手も、足の遅い選手にも、活躍の場があり、うまく組み合わせて強いチームを作る。それを肌で感じて理解できる。いろんな個性、発想を大事にするのが、ラグビーの良さだと思います。私は、仕事の上でも個性をつぶさないように心がけています。

*次回は、3月2日金曜日に更新いたします。

【土田雅人 略歴】

秋田県秋田市寺内生まれ。秋田県立秋田工業高等学校から同志社大学に進学。平尾誠二、大八木淳史らと共に大学選手権3連覇に貢献。卒業後にサントリーへ入社し、ラグビー部に所属。1995年に現役引退して監督就任、1年目で日本選手権初優勝に導く。

1997年には平尾誠二監督率いるジャパンのフォワードコーチとしてワールドカップに出場し、2000年に平尾監督と共に辞任。その後、再びサントリー監督として、2001、02年にチーム初の日本選手権2連覇を果たす。

2003年にサントリー監督を退いたが2008年ゼネラルマネージャーとして復帰(2009年から強化本部長)。元オーストラリア代表(ワラビーズ)で世界最多キャップホルダーのジョージ・グレーガンを引き抜きチーム強化にも本腰を入れる傍ら、本業では東京第1支社第1支店長や西東京支店長を歴任、東京支社プレミアム営業部長としてプレミアムモルツ拡販の陣頭指揮を執る。新規販路開拓で社長賞を受賞。

2011年9月1日付でサントリー酒類執行役員スピリッツ事業部長に就任した[3]

2015年6月28日の日本ラグビーフットボール協会理事会で理事に就任することが発表された。

同志社大学時代のチームメイトでもあった平尾とは、旧友でありライバルでもあった。

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。

https://www.facebook.com/akids.rugby

https://instagram.com/akids.club