兵庫県ラグビースクール創立50周年記念祝賀会に卒業生であるサントリーの日和佐篤選手が出席していました。
日和佐選手はスクール卒業後、兵庫県の報徳学園高校から法政大学を経て2010年サントリーに入社。
入社1年目からスタメンとして活躍、トップリーグ新人賞を受賞。翌年には日本代表入りワールドカップ全4試合に出場、トップリーグベスト15にも3年連続で選出されています。
記憶に新しいのは前回ワールドカップ、南アフリカ戦のラストワンプレーでアタックの起点となりカーン・ヘスケスの逆転トライを生み出す、この場面は「ブライトンの歓喜」と謳われ、日本代表が大会24年ぶりの勝利を挙げた瞬間でしょう。
エディー・ジョーンズも「こんなに素早いスクラムハーフは見たことがない」と日和佐を絶賛しています。
さらなる活躍を期待します。

*FB・インスタ !いいね!お願い致します。

https://www.facebook.com/akids.rugby

https://instagram.com/akids.club