村上

現在、金治さんは、株式会社ティーガイアの代表取締役社長を務めていらっしゃいます。組織のリーダーとして、ラグビーの経験は役に立っていますか。

金治

大学のラグビー部ではキャプテンをしていました。人数はまったく違いますけど、チームをまとめるということでは共通しています。仕事の基本は、ハードなことを規律正しくやるということだと思っています。それはラグビーと同じですよ。

村上

ラグビーのキャプテンは、すべてを自分で判断していかなくてはいけませんね。

金治

試合の組み立てもそうですし、我々の頃は練習メニューもキャプテンを中心に考えていました。監督に相談はしますけれどね。

村上

リーダーとして部下に接するときに心掛けていることはありますか。

金治

私は口が悪いので、きついことを言ってしまったときは、フォローするように努力をしているつもりです。

村上

部下に、ラグビーについて語られることはありますか。

金治

コンプライアンス(企業などが、法令や規則をよく守ること)の話をするときに、ラグビーを例に出して話すことはありますね。ハードにやらなくてはいけないけど、ルールは守らなくてはいけない。と。

村上

もう少し具体的には。

金治

2015年のラグビーワールドカップを観戦しましたが、日本代表が南アフリカ戦に勝った試合も良かったのですが、サモア戦勝利もすごく良い試合だと思っています。サモア代表は反則が多かったのですが、日本代表は激しいタックルがするけど、規律正しく戦い、反則数が少なかった。事前にレフリーの判定の傾向を分析するなど、対策を徹底していたようです。このあたりは、企業経営にも通じるところがあります。経営者は、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチのように、コンプライアンスの最新情報をわかりやすく社員に伝え、体が覚え込むまで徹底的に指導することが大切だということです。しかし、コンプライアンスのせいにして攻めの姿勢を忘れると、激しいプレーができなくなったサモアのようになってしまいます。激しいタックルを続けたジャパンのような積極的な経営も忘れてはいけない。つまり、コンプライアンスを守りながら、攻めることはできるということなんです。

金治伸隆  株式会社ティーガイア 代表取締役社長。1983年京都大学法学部卒業後、住友商事株式会社入社。 中東・アジア向け自動車輸出担当後、主に国内外の情報産業分野の事業開発を担当。 その間、サウジアラビア ジェッダでの自動車販売店勤務、米国ベンチャー投資会社社長などを歴任。2014年に携帯電話販売最大手の株式会社ティーガイア入社後、コーポレート戦略本部長、スマートライフ事業本部長を経て、2017年同社社長に就任。現在に至る。ラグビー歴は神戸高校、京都大学、住友商事、ジェッダRFC。

*次回は、2月2日金曜日に更新します。