2018年01月13日(土)
トップチャレンジリーグ入替戦「釜石シーウェイブス vs 大阪府警」(東京ガス大森グラウンド)

今シーズン最終戦となった釜石シーウェイブスに多くの声援が送られた。
トライを取る度に名物の大漁旗がなびき、ピンチになれば「釜石コール」でチームに大きな声援が飛びました。

釜石シーウェイブスが55ー19で大阪府警に勝利し、トップチャレンジリーグ残留を決めました。

試合終了後、チームの選手全員が「TAKEOMI 8」のシャツを着て、今シーズン限りで引退する伊藤剛臣選手の胴上げをしてグラウンドでのお別れをしました。

試合後、神奈川県ラグビー協会の角田さんと花房さんが、伊藤選手に2月に開催される神奈川県ファイナルカップに釜石シーウェイブスジュニアの子どもたちを招待する件について、
ご挨拶&協力のお願いをしました。
「神奈川県ラグビー協会です」と話すと即座に
「法政二高です」と返してくれました。

まさに鉄の町・釜石ににやってきた鉄人ですね。
長い現役生活お疲れ様でした。