昨日27日、花園にて高校ラグビーが開幕しました。
会場には、こんな人達も見受けられました。
左側:林敏之さん、高校は徳島城北高校、花園出場はなりませんでしたが、高校ジャパンに選ばれ山口良治先生の下、オーストラリア遠征で大暴れして帰国。
同志社大学へ進学、対戦相手からは「壊し屋」として恐れられ、大学から日本代表選出。神戸製鋼での活躍は今も語り継がれる。
大八木選出との4番5番は日本最強ロックと言われた。
現在はNPO法人ヒーローズの会長として、こども世代へのラグビー普及と育成に取り組んでいる。
右側:元木由記雄さん、高校は大阪工大高校、現在の常翔学園、2年・3年と高校ジャパン選出、同じ高校ジャパンの選手からサインを求められたとの逸話の持ち主。
明治大学では1年から試合出場、神戸製鋼では中心選手として活躍、7連覇に貢献。日本代表としても活躍、ワールドカップ出場、英国バーバリアンズにも選出される。
外見は「いかつい」が目と心は優しいラガーマンのお手本。
現在は京都産業大学ラグビー部ヘッドコーチ、今年の躍進に貢献されました。
お二人とも、神戸製鋼でのOBであり、フォワードとバックスの違いはありますが、ハートのラガーマン、今の大野均選手が持つスピリットを感じます。
こんな二人に会える、花園の高校ラグビーはラガーマンの同窓会のようです。