ラグビーを経験された方にラグビーを通した生き方、考え方をラグビーに取組んでいる少年少女、これからラグビーを始める子供たちに夢を語って頂きます。

このインタビューで一人でも多くの子供たちにラグビーボールに触れてもらえるきっかけを作り、ラグビーを通じた人作りができれば幸いです。

新しく立ち上げるポータルサイトに掲載、インタビューが12名になった時点で本の発行も考えております。

ラグビーの発展、子供の育成に役立てばうれしいです。

【村上晃一】

1965年、京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。ラグビーの現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)などがある。

村上晃一のラグビー愛好日記

https://www.jsports.co.jp/rugby/loverugby/